スポンサードリンク
世界に実在するビックリ仕事とは

世界は広い。

世界には日本人が想像もつかないような職業が存在する。

映画のタイトルでお馴染みのエクソシストもれっきとした職業である。

ローマには大学の講座もありあり、祈りの言葉、作法などを駆使してとり憑いた悪魔をおいはらうというから驚きだ。

さらには、寝ているだけで月収57万円ももらえる職業や、公衆トイレに来た人にトイレットペーパーを切って渡す職業、出産したばかりの女性の乳房をマッサージする職業まで、世界にはお国柄や風習に合わせて聞いてビックリの職業がたくさんある。

社会に必要とされる限り、"ビックリ仕事"は永遠に不滅だ。

ビックリ仕事に就いている方々のたくましさ、発想と想像力、工夫、技術、行動力には脱帽だ。

不況にあえぐ日本人に元気と勇気を与えてくれることだろう。

さらに、その国や地域でしか成立しない、地域に根ざした仕事を通じて異文化に触れることもできる。

あなたも世界中のユニークな仕事を探してみては・・・

2012年04月23日

ブランドの保持のため、ショーに出演・・・マグロ解体職人

◎内容・・・マグロ専門の実演販売人

解体を実演しながら販売するマグロ解体ショーに出演する職人のこと。

マグロの構造や生態に関する話を面白く語りながら、数分間で刺身や寿司のネタにする技を見せる。


◎成立・・・ブランドを復活させる!!

マグロの解体自体は、江戸時代よりも昔から行われてきた。

しかしここ最近、資源保護のためにマグロ魚の枠がかなり削減され、その価格も上昇しつつある。

そこでマグロブランドのPR、観光業や地域の活性化を合わせたショーが行われるようになった。


◎その他・・・しゃべりのテクで年収2,000万円

就業するには専門の学校を卒業して、「マグロ解体師エキスパート」という資格を得なければならない。

口上の技術も必要だ。

2時間のイベントにつき、だいたい2〜3万円の収益になる。

業界トップの職人は、年間に2,000万円も稼ぐという。


◎DATA◎

・収 入・・・トップ職人は年間2,000万円ほど

・資 格・・・マグロ解体師の資格所得が必須

・持続度・・・マグロが好きで、話をすることが大好きなら続く
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。