スポンサードリンク
世界に実在するビックリ仕事とは

世界は広い。

世界には日本人が想像もつかないような職業が存在する。

映画のタイトルでお馴染みのエクソシストもれっきとした職業である。

ローマには大学の講座もありあり、祈りの言葉、作法などを駆使してとり憑いた悪魔をおいはらうというから驚きだ。

さらには、寝ているだけで月収57万円ももらえる職業や、公衆トイレに来た人にトイレットペーパーを切って渡す職業、出産したばかりの女性の乳房をマッサージする職業まで、世界にはお国柄や風習に合わせて聞いてビックリの職業がたくさんある。

社会に必要とされる限り、"ビックリ仕事"は永遠に不滅だ。

ビックリ仕事に就いている方々のたくましさ、発想と想像力、工夫、技術、行動力には脱帽だ。

不況にあえぐ日本人に元気と勇気を与えてくれることだろう。

さらに、その国や地域でしか成立しない、地域に根ざした仕事を通じて異文化に触れることもできる。

あなたも世界中のユニークな仕事を探してみては・・・

2012年04月24日

決定的瞬間を逃さず、フィルムに収める・・・犯罪現場フォトグラファー

◎内容・・・芸術性は求められない

一枚の写真が、犯人逮捕の決定打となる。

犯罪現場で、現場写真を撮るこの仕事に失敗は許されない。

捜査や裁判で証拠として威力を発揮するものを提示しなくてはならない。

事件解決の「決め手」を委ねられる彼らに、芸術的角度など必要ないのだ。


◎成立・・・再撮不能という重圧

刑事課の鑑識係が裁判での証拠のために撮影したのが始まり。

犯罪現場は二度と同じ場面を撮ることができない。

犯罪の多いアメリカでは、ベテランのフォトグラファーが担当し、拳銃をカメラに持ち替え、犯人捜査に挑んでいる。


◎その他・・・実は国家公務員

フォトグラファーと言っても警察勤務になるので、国家公務員。

収入は安定しているが、芸術的評価は受けられない。

ただ、裁判所をギャラリー代わりに、悪事を暴くことは可能。


◎DATA◎

・収 入・・・日本では警察官の仕事。警察官の全体平均月給は約49万円

・資 格・・・日本の場合、警察鑑識課の勤務であることが大前提

・主な国・・・世界各国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。