スポンサードリンク
世界に実在するビックリ仕事とは

世界は広い。

世界には日本人が想像もつかないような職業が存在する。

映画のタイトルでお馴染みのエクソシストもれっきとした職業である。

ローマには大学の講座もありあり、祈りの言葉、作法などを駆使してとり憑いた悪魔をおいはらうというから驚きだ。

さらには、寝ているだけで月収57万円ももらえる職業や、公衆トイレに来た人にトイレットペーパーを切って渡す職業、出産したばかりの女性の乳房をマッサージする職業まで、世界にはお国柄や風習に合わせて聞いてビックリの職業がたくさんある。

社会に必要とされる限り、"ビックリ仕事"は永遠に不滅だ。

ビックリ仕事に就いている方々のたくましさ、発想と想像力、工夫、技術、行動力には脱帽だ。

不況にあえぐ日本人に元気と勇気を与えてくれることだろう。

さらに、その国や地域でしか成立しない、地域に根ざした仕事を通じて異文化に触れることもできる。

あなたも世界中のユニークな仕事を探してみては・・・

2012年04月24日

霊界との窓口ガール・・・イタコ

◎内容・・・カウンセリングの一種か?

先祖の霊や、死んでしまった友人、肉親の例を自分の体に乗り移らせて言葉を交わす「イタコ」。

特に恐山の大祭は有名だ。

この大祭は、十人前後のイタコが一堂に会し、霊を呼ぶ「口寄せ」を行う。

死者との対話は、絶大な癒し効果があるようで、青森県立保健大学では、カウンセリングの一種に利用する研究もされているという。


◎成立・・・神から託されるオシゴト

大昔からあったこの職業。

青森県文化財保護協会編集の「平山日記」では、1772年の記に「巫女」に「イタコ」と振り仮名をつけているが、「神の委託をする」が発祥、という一説もある。


◎その他・・・盲目・弱視の女性が活躍

盲目、もしくは弱視の序でいが多く、師弟制度のなかで厳しい訓練を受ける。


◎DATA◎

・収 入・・・10分で数千円程度

・資 格・・・資格ではないが、盲目、もしくは弱視の女性が多い

・主な国・・・日本・青森県恐山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。